三鷹の森ジブリ美術館レポート〜食べるを描く。〜

まもり神 ラピュタ

今回のメインは2017年5月27日から行っている企画展示の『食べるを描く。』

 

今回はポニョにとっては初めてのジブリ美術館です!そして主人も初めて。主人は人ごみが大の苦手なので、ずっと断られ続けていましたが、ポニョもいるので付いてきてくれました。私の趣味に付き合わせてごめんよ。。。。そしてこのレポも8月に行ったときの事です。

16時からの回で入場しましたよ〜〜!早速、1階の展示室に向かいましたが、常設展の入り口に並んでいる人の最後尾が。なのでまずはB1の常設展示室を周り、2Fのトライホークス(図書)とマンマユート(ショップ)でお買い物。土星座で『やどさがし』を鑑賞して屋上の『まもり神』の前で記念撮影!←ここまで急ピッチ

5時半を過ぎたあたりから、1Fの常設展へ行くとほとんど人がおらず、展示室を見渡す事が出来ました。(毎回人の波に押されて、ゆっくり見れなかったので)今回はマイペースに展示を見る事が出来ました!

そして企画展示の「食べるを描く。」も。

くさかべさん家の座敷が再現されていました。ちゃぶ台の上のさつきとメイちゃんのお弁当がおいしそう☆

そしてタイガーモス号のキッチンも再現されているのですが、触ってOK!なので引き出しや棚を開けまくりました!誰もいないので遠慮なく開く所は全て開けていたら、主人に『やりすぎ•••』と。もちろん、スタッフさんが展示物を見守っているので、許されるだろう範囲内で触っていたのですが、激しすぎたようで 笑 日本の技術が誇るサンプル食品でジブリ映画に出てくるメニューがリアルに再現されていて、見ていてお腹がすいてくる展示でした。個人的には、『耳をすませば』で司朗さんがしずくちゃんにごちそうした鍋焼きうどんのサンプルがツボでしたね。定食屋さんの店前に並んでそうなうどんでした。他にも、ドーラがパズーの家でかじっていたロブスターとハムが迫力ありましたよ!

あとはカフェで風の谷のビールを買おう!と思ったところで時間オーバー。カフェに入ろうとした時点で18時になってしまいました。残念!!

 

最終回の16時からの回で入ると、閉館前はかなり空いてくるので人混みが苦手という人は最終回から入るのがおすすめです。

ですが閉館まで2時間しかないので、のんびり全てを回るのは難しいかもしれませんね。

 

ポニョにっとては、今までで一番の長旅になりました。とは言っても電車で片道40分。近い。関西にいた頃を考えるとめちゃめちゃ近い。

40分で行けるなら毎日行くさ!!(チケットがとれるなら)

この日はお天気もよかったので三鷹駅から井の頭恩賜公園を通るルートでお散歩しながら行きましたが、明日は雨かぁ。どうやって行こうかな〜〜そう、明日は2ヶ月ぶりに家族で三鷹の森美術館へいってきまーーーーす!!

 

今回のフィルムチケットはこちら↓↓ゲド戦記の『クモ』とポニョが波に乗ってリサカーを追いかけてくるシーンでの『宗介&リサ』

三鷹の森美術館チケット


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://ghibli.sea-323.com/ghibli-museum-mitaka-149/trackback

PAGE TOP